ごあいさつ

まな動物病院 HOME > ごあいさつ

1993年に獣医師国家資格を取得して以来、いろいろな場所で勉強させていただいてきました。卒業後すぐ勤務した東京都の動物病院で研修・勤務医を経て副院長として6年間勤務。その後、動物医療センターで24時間体制の緊急医療を経験したり、愛護病院でノラ猫達のケアをしたりいろいろな形で小動物臨床に携わってきました。

一生一勤務医として腕を磨いていくつもりでしたが、結婚・出産を期に少しずつ考え方が変わってきました。それまでは飼い主さんの「うちの子が…」という言葉をさらりと聞き流していたのですが、自分に子供ができ小児科で「うちの子が…」というフレーズを使う立場になって初めてその言葉の重みを知りました。動物病院に勤める者にとっては大勢の患者さんの一人であっても、飼い主さんにとってはかけがえのない愛息子・愛娘。ちょっとケガをしても、半日食欲がないだけでも心配でしょうがない。そんな飼い主さんの気持ちを大切にできる病院を作りたい。そんな思いから動物病院の名前を「愛=まな」と名づけました。

「病気を治す」ことに追われ「動物を愛しむ」気持ちを置き去りにしてしまわないようにという自分自身への戒めでもあります。 動物たちにとって、飼主さんにとって何がベストなのかを一緒に考え相談していきましょう。


院長:下田 利恵

院長:下田 利恵

まな動物病院5つのコンセプト

1. 気軽に立ち寄れる動物病院

動物が元気なうちから一緒に、または飼い主さんだけでも気軽に立ち寄れてなんでも相談できる動物病院を目指します。

2. 徹底したインフォームドコンセント

診察や検査の結果、わかったこと・わからなかったことをきちんと説明したうえでその後の治療プランを立てます。症例によっては二次診療施設や専門病院での検査や治療をお勧めすることがあります。

 【当院からご紹介できる病院】
 日本獣医生命科学大学、東京大学、麻布大学、日本大学
 日本高度医療センター、JASMINN(循環器専門)、よこはま眼科

3.プロ意識の高いスタッフの育成

常に専門分野の知識技術を向上できるよう学会や講習会参加のサポート、院内勉強会を行います。個人が得たものを全員に、スタッフが得たものを患者様に還元できるよう努力していきます。

4.動物たちのストレスを最小限に

事前に飼い主様から動物の性格をうかがい、常に優しく話しかけ、こわがらせない環境づくりを心がけています。

5.積極的な飼い主様への啓蒙活動

予防医療・定期健診など、動物たちが元気に長生きするための方法を、その目的・方法・費用など、年齢に応じて提案させていただきます。